Miss Mrs. Ms. の英語を正しく使い分ける!ビジネスマナー

Business Team. People shake hands communicating with each other

フォーマルな場面で相手に挨拶する事を沢山あります。しかも、英語で初めて話しかける時には相手への敬称には細心の注意が必要となり、とても緊張します。その理由の一つが相手の情報があまりないからです。英語圏では相手が結婚しているのかどうかは個人的な情報とされているので、ほとんど分かりません。そんな場合に問題になるのが相手を呼ぶ際に必要となる敬称です。特に注意しなければならないのが、女性に対して呼びかける時です。

最近の日本でも結婚しているかどうかは女性に取って神経質な問題になっていますが、英語では相手に使う敬称に影響が出て来ます。相手に失礼の無い様に、女性に話しかける為の敬称と、学校やビジネスメールで使える敬称を今回はまとめてみます。

女性に呼びかける

Ms. ニュートラルな呼び名

Mrs. 既婚者への呼び名

Miss 未婚の女性

Msの場合は、相手の状況が分からない場合に使われる敬称です。結婚しているのかどうか分からない相手に使える敬称ですが、女性が自分の希望で使う事も可能です。

 

Miss ミス

Mrs. (Misses) Mistressの略語 ミスィ−ズ (未亡人や離婚した女性も使える)

Ms. ミズ

結婚しているか、していないかが問題になる状況がどんな場合なのか、あまり頭に浮かんできません。そんな状況が関係するビジネス等のフォーマルな状況はあまりないはずなので、Missを耳にする事は少ないとおもいます。ミス•インターナショナルの様な美を競うBeauty pageant 位しか思いつきません。

なので、大抵の場合にはMs.(ミズ) で話しかける事をお勧めします。

学校で先生に話しかける

gespräch zwischen lehrerin und schülern

日本では、先生にはなしかける際には、ただ単に「先生!」とか「(だれだれ)先生!」と名字の後に先生を付けて呼びかける事が普通です。私がアメリカの小学校で先生を呼びかける際に、「Teacher!」と耳にした事はたったの一回だけ。しかも、その後に直ぐに先生自身がその生徒に言い直す様に伝えていました。

女性の先生の場合

Ms. Tanaka (ミズ•タナカ) タナカ先生

男性の先生の場合

Mr. Tanaka (ミスター•タナカ) タナカ先生

上で見た通り、女性の先生を呼ぶ際には少し注意が必要です。ただ、本人の希望でミスで呼ぶ様に希望する先生も中にはいる様ですので、状況に合わせて敬称を使い分けて下さい。

大学の教授や講師に話しかける場合

大学は権威の象徴です。いままで長い時間をかけて教授になった人が沢山いる場所なので、敬称も本人の希望が強く出ます。

Professor Tanaka (Prof. 省略) タナカ教授

教授に対してもっとも一般的に使われている敬称です。

Doctor Tanaka タナカ博士

私が習っていて言語学の教授は、自分の事をDoctorを付けて呼ぶ様に生徒に伝えていました。教授という学校での役職よりも、言語学のプロとしての側面を大切にしたいからと言っていました。

Mr./ Ms. Tanaka タナカ先生

語学の講師の人達は一般的にMr. Ms. で読んで問題はありません。ただ、生徒との距離を縮めたいと考える講師の人も多いようで、自分のファースト•ネームで呼ぶ様に希望する人も多くいます。

ビジネスの場面では

Creative business project

大抵の場合では、Mr.Ms.を使えば大抵の場合は問題ないです。ただ、ビジネスのメールを担当者が分からない状況で送る際にはしたの表現を使う事が出来ます。

To whom it may concern

 

関連記事 もう怖くない!海外旅行のホテル予約、英語例文25とメールの例文

英語の敬称は個人の希望が出やすい

人を呼ぶ際には敬称が大切になります。文化の影響が強く出るのが相手に呼びかける際に使う敬称です。相手に失礼の無い様にしっかりと覚えておく事がビジネスマナーです。ただ、どうしても分からない状況は必ず出来てます。そんな際は下の例文を使って相手にはっきりと聞く事が必要です。

Nice to meet you, but how should I address you, Ms. Tanaka?

 はじめまして、何てお呼びしたらよらしいですか、タナカさん。

 

関連記事 英語で自己紹介、ビジネスで第一印象を倍増させる例文満載

 

自己紹介の際に相手から特に何も希望が無かった場合には、上の質問をする事も可能です。覚えておきましょう。挨拶は、自分の第一印象に大きく影響を与える大切なコミュニケーションです。しっかりと覚えていれば、その後の職場での関係もアフター5の楽しみも全く変わってきます。挨拶は人間関係の全ての始まりですので、How are you?と挨拶が出来る様にしておきましょう。

 

次に読んで欲しいオススメの記事

英語で元気?How are you 以外の挨拶54選

初耳に認定!?いただきますとごちそうさま英語にない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です