英数字の読み方永久保存版!英語の数字、分数や小数点さえ怖くない

money heap

数字を英語で読むのはややこしい。理由のひとつに、英語には万と億がありません。正確には万や億の単位がないと言った方が正確です。その理由は、日本では4桁ずつで数字を数えるけれど、英語では3桁ずつ数えるからです。

なので、万の位から10万の位までは千の位の一部として数える事になります。ちなみに万は英語でten thousand (無理矢理日本語にするなら十千)です。そして、億の位はmillion の位とbillionの位の両方に股がっています。両方とも後で詳しく説明します。億を日本語にすると、百百万です。なんだか子供の頃にいっていた一億万円的な存在しない単位ですね。

 海外旅行や留学する際に必ず付いて回る英数字を今回はまとめました。

一から百兆までの英語

一  1 one

十  10 ten

百  100 a hundred

千  1,000 a thousand

万  10,000 ten thousand

十万 100,000 a hundred thousand

百万 1,000,000 a million

千万 10,000,000 ten million

一億 100,000,000 a hundred million

十億 1,000,000,000 a billion

百億 10,000,000,000 ten billion

千億 100,000,000,000 a hundred billion

一兆 1,000,000,000,000 a trillion

十兆 10,000,000,000,000 ten trillion

百兆 100,000,000,000,000 a hundred trillion

上の数字からも分かる様に、十と百をつけてそれぞれの単位と順序良く並んでいます。十が来て、百が来たら次の位。十が来て百が来たら、また次の位になる。それの繰り返しなので、慣れてしまえばとても規則正しく上の単位に繰り上がる英語の方が覚えやすいかのしれません。

最後に、気になっている人もいるかもしれないので触れておきましょう。

千兆は quadrillion 

その次の単位はquintillion (京-けい)

その次の単位はsextillion(垓-がい)です。

千兆以降は、数字なんだかすらもう分かりません。正直、千兆以降の単位は今回の記事を書く際に調べて始めて知りました。なので、恐らく人生で使う機会はないかもしれません。唯一ビルゲイツさんは人生で使う機会がもしかするとあるかもしれませんが。

ちなみに、

偶数 even numbers

奇数 odd numbers

も合わせて覚えておくと便利な英語表現です。

1~100まで

出典 http://www.crn.com/

発音に注意する必要がある数字

日本人でよくある問題の一つに発音の問題があります。それは、例えば聞いていて13なのか30なのかがしっかりと区別出来ていない場合があります。

12と20の場合

12はtwelve なのでトゥウェルブなのでteen は付きませんし、

20はtwenty でトゥウェンティになります。アメリカ英語ではティの部分がニーに発音されるのでトゥウェニーになります。あとは、11から19までをティーンと発音するときは語尾を上げて発音するのに対して、20や30などをティーと発音する時には語尾を下げて発音する様にしましょう。

 13から19と30から90まで

リスニングでも問題になるこの解決策は実はとても簡単です。13から19までの数字を発音する際には、最後の部分を強く読みます。つまり、teenの部分に発音のアクセントを付けて言うだけです。一方、30を発音するには初めの部分を強く読みます。例えばthirtyならば、thirの部分にアクセントをつけて発音します。

あとは、アメリカ英語では30や40などの十の位がゼロの場合はサーティーではなくサーディーや、フォーティーがフォーディーのようにディーと音が濁る発音になる事で聞き分ける事が可能です。

13 thirteen

30 thirty

 

14 fourteen

40 forty

 

15 fifteen

50 fifty

 

16 sixteen

60 sixty

 

17 seventeen

70 seventy

 

18 eighteen

80 eighty

 

19 nineteen

90 ninety

101~999まで

読み方

百桁の数字を読むには二通りの読み方があります。初めの読み方は、単位の百のhundred とそのあとの残りの数字の前に andを付けて読むやり方で、イギリスでよく読まれる方法です。2つ目の方はand 無しで読む方法で、アメリカでよく読まれる方法です。

101 one hundred (and) one またはone hundred one

102 one hundred (and) two 

103 one hundred (and) three 

104 one hundred (and) four 

105 one hundred (and) five 

106 one hundred (and) six 

107 one hundred (and) seven 

108 one hundred (and) eight 

109 one hundred (and) nine 

110 one hundred (and) ten 

111 one hundred (and) eleven

112 one hundred (and) twelve 

113 one hundred (and) thirteen 

114 one hundred (and) fourteen 

115 one hundred (and) fifteen 

116 one hundred (and) sixteen 

117 one hundred (and) seventeen 

118 one hundred (and) eighteen 

119 one hundred (and) nineteen 

120 one hundred (and) twenty 

ここで発音の注意ですが、and を読む時にはアンドと全てを読むのではなくnだけが発音される所に注意して下さい。

例えば、

101 の場合には、 ワン ハンドレッド ン ワン の様に発音されます。実は、ネイティブがこのように発音するととても聞き取りにくいので注意して聞き取ってみて下さい。

部屋番号などとして読む場合

実はさらに、もうひとつ読み方があります。それは、部屋の番号として数字を読む場合です。単位を付けて読む場合には特に気にする事はないのですが、単位もandも付けずに読む場合には少し注意する必要があります。それはゼロの部分を oh (オー) と発音する必要がある事です。

101 one oh(オー) one

102 one oh two

103 one oh three

104 one oh four

105 one oh five

106 one oh six

107 one oh seven

108 one oh eight

109 one oh nine

110 one ten

 

201 two oh one

304 three oh four

111以降は、oh が無くなり百の位と十と一の位に分けて読みます。

111 one eleven

112 one twelve

113 one thirteen

114 one fourteen

115 one fifteen

116 one sixteen

117 one seventeen

118 one eighteen

119 one nineteen

120 one twenty

 

405 four oh (オー) five

1000から9999まで

出典 http://www.spanishdict.com/

千の位に数字があって百の位が0の場合も、and を入れて読む場合と読まない場合の2つがあります。andを入れて読む方法はイギリスで多く、andを入れない方法はアメリカで多い方法です。

1001 one thousand (and) one

1002 one thousand (and) two

1003 one thousand (and) three

1004 one thousand (and) four

1005 one thousand (and) five

1006 one thousand (and) six

1007 one thousand (and) seven

1008 one thousand (and) eight

1009 one thousand (and) nine

十と一の位が両方ともゼロの時

千の位と百の位以外の数字が両方ともゼロの時は、少し別の呼び方があります。とくにアメリカでは、初めの言い方をする事が多い様です。千の位と百の位を別々に読む場合には時間がかかり経済的でない理由から、百の位で統一して読みます。

1100 eleven hundred または one thousand one hundred

1200 twelve hundred またはone thousand two hundred

1300 thirteen hundred または one thousand three hundred

1400 fourteen hundred または one thousand four hundred

1500 fifteen hundred または one thousand five hundred

1600 sixteen hundred または one thousand six hundred

1700 seventeen hundred または one thousand seven hundred

1800 eighty hundred または one thousand sight hundred

1900 nineteen hundred または one thousand nine hundred

2000 two thousand

2100 twenty one hundred または two thousand one hundred

2200 twenty two hundred または two thousand two hundred

千の位から一の位まで全てがゼロ以外の数字の場合

十の位を読む前にandを入れて読むか、それを省略して読むかの2つあります。当然、既に紹介したとおりandを発音する時には n()と読む様にして下さい。

1977 – nineteen hundred (and) seventy seven

     one thousand nine hundred (and) seventy seven

 

1988 – nineteen hundred (and) eighty eight

    one thousand nine hundred (and) eighty eight

 

1999 – nineteen hundred and ninety nine

     one thousand nine hundred (and ) ninety nine

 

2134 twenty one hundred (and) thirty four

     two thousand one hundred (and) thirty four

百の位だけがゼロの場合

百の位だけがゼロの場合には、特に変わった読み方はありません。普通に千の位から順番に読むだけです。

1010 one thousand (and) ten

1011 one thousand (and) eleven

1012 one thousand (and) twelve

1013 one thousand (and) thirteen

1014 one thousand (and) fourteen

1015 one thousand (and) fifteen

 

2016 two thousand (and) sixteen

2017 two thousand (and) seventeen

2018 two thousand (and) eighteen

2019 two thousand (and) nineteen

2020 two thousand (and) twenty

千桁の部屋の番号

部屋の番号として読む場合には、ゼロを oh (オー)と発音して読みます。さらに、2つの十の位と分けて読む事が多いです。

1001 ten oh one

1002 ten oh two

1003 ten oh three

1004 ten oh four

1005 ten oh five

万の位とそれ以降

出典 http://biznology.com

数が大きくなると省略して読む事はあまり無い様です。やはり、混乱のもとになるからでしょうか。十の位の前のandだけは省略することは可能です。

13,570 thirteen thousand five hundred (and) seventy

24, 876 twenty four thousand eight hundred (and) seventy six

39, 632 thirty nine thousand six hundred (and) thirty two

40, 021 forty thousand and twenty one

587, 408 five hundred eighty seven thousand four hundred (and) eight

年代

出典 https://munnyjourney.com

英数字のなかでも意外に難しいのが年代です。その理由はいくつかのルールが存在している事が大きな原因です。その他には、国によっても読み方が微妙に異なる事も別の理由でしょう。ルールを覚えるよりも具体的に個々の表現を覚えて行く方が一番効率的です。

紀元前から999年まで

紀元前3000年 three thousand BC (Before Christ)

紀元前10年 ten BC

24 twenty four

183 one eighty three または one hundred (and) eighty three

900年 nine hundred

999年 nine ninety nine または nine hundred (and) ninety nine

999年までは特に難しくはありません。百の位の組と十と一の位の組で分けた読み方か百の位から順番に一の位まで読む方法の2つだけです。

1000年から1999年まで

1000one thousand

1054 ten fifty fourか one thousand and fifty four 

1105 eleven oh five eleven and five、または one thousand one hundred (and) five

1400 fourteen hundred または one thousand four hundred 

1600 sixteen hundred または one thousand six hundred

1832 eighteen thirty two または one thousand eight hundred and thirty two

1977 nineteen seventy seven または one thousand nine hundred and seventy seven

年代が千の位になると、十の位と二組と見て読む方法か千の位から順番に一の位まで読む方法の2つがあります。1999年までの呼び方では二組分けの読み方が多いです。

 

2000年から現在まで

出典 http://www.mustknowinvesting.com

現在私達がいる2000年代は, まだ読み方にばらつきがあるようです。ただ、2001年から2009年までは比較的に two thousand (and)の表現が多いようです。

2000年は、two thousand

2001年は、2000と1で、two thousand (and) one

2002年は、2000と2で two thousand (and) two

2003年は、2000と3で two thousand (and) three

2004年は、2000と4で、two thousand (and) four

2005年は、2000と5で、two thousand (and) five

2010からは、読み方の方法が2つあります。2011以降場合には、千と百の位の組と、十と一の位の組の二組分けの読み方か、2001年から2009年の読み方と同じ様にtwo thousand (and)の読み方のどちからになります。

2010年なら、twenty tentwo thousand (and) ten

2011年なら、twenty-eleven two thousand (and) eleven

2012年なら、twenty twelve two thousand (and) twelve

2013年なら、twenty thirteen two thousand (and) thirteen

2014年なら、twenty fourteen two thousand (and) fourteen

2105年なら、twenty fifteen two thousand (and) fifteen

2016年なら、twenty sixteen two thousand (and) sixteen

2017年なら、twenty seventeen two thousand (and) seventeen

2018年なら、twenty eighteen two thousand (and) eighteen

繰り返しになりますが、2000年代の読み方はまだ統一された読み方く個人差があります。もちろん、2001年ならtwenty oh oneや、2002年なら twenty oh twoも当然考えられます。ただ、個人的にはtwo thousandが今の所主流のように思います。

それ以外の英数字

Ink pen and table with numbers

少数 decimals

0.5 (zero) point five ゼロを省略して読む事も可能です。

1.6 one point six

2.4 two point four

3.7 three point seven

4.67 four point six seven

5.89 five point eight nine

6.091 six point zero nine one

分数 fractions

1/2 a half

1/3 one third

1/4 a quarter/ one fourth

1/5 one fifth

1/6 one sixth

分子が1以外のときは、上の分子が一以外の数字の場合には分母が複数形になります。

3/2 three halves

4/2 four halves

2/3 two thirds

3/4 three quarters / three fourths

4/5 four fifths

5/6 five sixths

 

驚くかもしれませんが、half 単語には複数形が存在します。それが、halves です。単語の最後のfが ves に変化した形です。half以外の単語で良く目にするものとしては、

wolf wolves

leaf leaves

になることも合わせて覚えておくと忘れないでしょう。

綴りに気をつける番号

序数詞 ordinal numbers

通常順番を表す場合には、そのままthを番号の後ろに付けるだけでいいのでそんなに難しい事はありません。カレンダーなどの日付を表す際にはこの表現を必ず使います。つまり順番を表す英語表現です。1〜3までは例外ですが、基本は数字の最後に th を付けるだけのシンプルな構造です。

1st first

2nd second

3rd third

4th fourth

5th fifth ( 綴りも少し変わって、発音も「フィフス」と注意が必要)

6th sixth 

7th seventh

8th eighth

9th ninth

10th tenth

11th eleventh

12th twelfth (f になっているので注意)

13th thirteenth

14th fourteenth

15th fifteenth

16th sixteenth

17th seventeenth

18th eighteenth

19th nineteenth

 

ただ、20、30、40などの一の位がゼロのときだけ少し発音と綴りが違うので注意が必要です。

例えば、20ならば twenty なのでそのままthを付けてtwentythとしてまいそうです。そこは、yの部分をieに代えてtwentieth にして(トゥエンティエス)と発音します。yieに代える事がポイントです。

20th twentieth

30th thirtieth

40th fortieth

50th fiftieth

60th sixtieth

70th seventieth

80th eightieth

90th ninetieth

 

百の場合は、数字の後にそのままthを付けるだけでオッケーです。

100th hundredth

数字の読み方は国によって変わる

イギリスでは、数字のゼロを表す単語に nought (ノートゥ)があります。私は使った事がありません。それだけ国によって読み方は様々です。全てを覚える必要はありませんが、旅行する際には事前に最低限は知っておく事で余計な誤解を防ぐ事が可能です。特に買い物に行った時には、100万までの数字を英語と日本語で直ぐに変換出来る様になると安心して買い物が出来ます。練習しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です