それいいね!そうなんだ!カッコイイ英語の相槌例文55選

Double thumbs up

「それいいね!」と英語で言うのは結構難しい。知っていればとても簡単な例文ばかりなのに、知らないばかりに会話に沈黙がちらほら。本当は「そうなんだ!」と伝えたいのに何て英語で言えば良いのは知らないから、相手に興味が無いと勘違いされてないかと心配なあなたの為に、今回はそんな相手のコメントに「それいいね!」や「そうなんだ!」など、場面別に使える相づちの例文を紹介します。

良い知らせを聞いた時

相手が最も共感して欲しい事の一つが良いニュースを話しているときです。話している相手は、「それすごいね!」と言って欲しいはずです。そんな場合に使える例文です。

 

That’s 〜!を使った例文

相手の言葉に相槌する際に使われる構文が、That’s ~!です。ニュースの内容や話し相手の気持ちや感情の程度に合わせて使い合わせます。

 

That’s good news.

That’s great news.

 

直訳すると「それは良いニュースだね」となりますが、「すごいね!」と相手に気持ちを伝える時に伝える例文です。newsを使わない表現もよく使われます。

 

That’s great!

That’s good!

That’s nice!

That’s wonderful!

 

Awesomeを使ったカジュアルな表現

ネイティブがよく使う表現で awesomeがあります。元々は「荘厳な、すさまじい」の意味でしたが、そこから「普通ではない」の意味が強調されて「すごい」やgreatの「すばらしい」の意味で使われる様になりました。

That’s awesome!

 

 

That sounds ~を使った構文

sounds Be動詞の代わりに使う事も出来ます。実際にその事を知っていなかったり、詳しくなかったとしても相手の話しから想像して伝える時にはこの例文がオススメです。Greatの部分を、Good, nice, wonderful, awesomeなど状況に合わせて使い分けられます。

 

That sounds great!

 

Isn’t that ~の構文

最近の日本語でも、「それってすごくない?」と若い世代で使われる表現ですが、否定形にすることで相手の共感を得ようとする気持ちがあるからです。英語でも同じ様な感情がありますが、日本語と違って一般的に使われている普通の例文です。

 

Isn’t that great?

Isn’t that good?

Isn’t that wonderful?

 

Howを使うと、「なんて〜なの!」と表現する事が出来ます。

How wonderful!

How nice!

 

形容詞の部分だけを言う事でも同じ様な意味で伝える事が出来ます。一番したのHoorayは「やったー」の意味で使われるカジュアルな表現です。

Great!

All right!

Awesome!

Hooray! (やったー)

 

下の表現は、相手が何かを達成したり、おめでたい事があった時に使います。例えば、結婚が決まったり、職場で昇進したりなどの知らせを聞いた時に、単独でも、他の表現と併せて使っても大丈夫です。下の表現はカジュアルな表現です。

Congratulations! (おめでとう)

Congrats!

 

フォーマルな表現

I’m happy for you.

I’m glad to hear that.

I’m pleased to hear it.

 

悪い知らせを聞いた時

woman in stress watching at camera

良いニュース同様に、悪い知らせにも話し相手に共感をしてもらいたいのは同じです。「そうだったのね」や「それは大変だったね」など、その状況をしっかりと理解している事を伝えられると、会話力が上がります。

基本の例文 

That’s a shame.

That’s terrible.

That’s too bad.

That’s awful.

 

How annoying!

 

Oh, no!

Oh, dear!

フォーマルな例文

I’m so sorry.

I’m sorry to hear that.

 

驚く知らせを聞いた時

Teenage boy whispering in the ear a secret to friendl on white background

良い知らせでも、悪い知らせでも自分の想像を超えた出来事を聞いた時に使える表現です。良い知らせの例文や、悪い知らせの例文と併せて使う事ができます。

基本の例文

That’s amazing. それはスゴイ!

Are you serious?本当なの?

I don’t believe it. 信じられない!

You’re joking. 冗談でしょう?

カジュアルな表現

Amazing! それはすごい。

Wow! わぉ!

What a surprise! 驚いた!

My God! オーマイガー!

No! ノー!(そんな事が!)

What! なんだって!

 

下の2つは「本当なの!」と同じ様に使えます。

Seriously!? 本気で?

Really? 本当に?

You’re kidding. 冗談でしょ?

You’re jokingよりもカジュアルな表現です。

使うのに少しコツが入る上級者向け表現

相手の知らせがいつだったのかで、その時制に併せて変化させる必要があります。最初に2つは出来事が過去に起こった時に使える表現です。

 

Did you?

You did?

 

A: I saw Brad Pitt the other day when I was walking down the street.

この間歩いてたらブラピを見かけたんだ。

B: You did? / Did you?

ええ!(そうなの!)

 

Do you?

You do?

 

A: You know, I have a girl friend.

実は、私には彼女がいるんだ。

B: You do? / Do you?

そうなの?(知らなかった)

 

Are you?

You are?

 

A: Actually, I’m going to transfer to the Osaka branch next month.

実は、来週から大阪へ転勤が決まったんだ。

B: Are you? / You are?

そうなの?

 

否定形にすることで、もっと驚きを表す事ができます。使い方は上の表現と同じです。

No, you don’t!

No, you didn’t!

No, you’re not!

キーワードを繰り返す

相手が伝えるニュースのなかで、驚いた出来事の重要な単語を取り出して繰り返す事でも驚きなどを表現出来ます。

例えば相手が、「彼氏と週末ディズニーランドに行くんだ」と言ったら、Disney Land?! と繰り返すだけです。言葉の語尾を上げて伝えるのがコツです。とても簡単なのでオススメな表現です。ただ、やり過ぎると相手の表現を繰り返しているだけなので気をつけましょう。

うらやましい!

うらやましいなと思う時に使える例文です。「私来月ハワイなの」とか、「彼氏にビトンのバックを買ってもらった」など自慢話を聞く事は多いです。本当に思っていてもいなくても、そんな状況で使えます。どちらの同じ様に使えますが、通常の会話では I’m jealous の方が良く聞く気がします。 

I’m jealous.

I envy you.

あいづちは会話の潤滑剤

女性の会話を良く聞いていると、「美味しそう」や「それいいね」など共感の言葉が多く聞かれます。そんな会話は、話している人は気持ち良く話しが出来ているはずです。共感上手は会話上手です。英語の相槌は知っていれば簡単ですが、知らなければ意外に難しい。でも、表現も簡単のなで明日からでも是非使ってみて下さい。その他にも簡単そうで意外に言えない英語での挨拶の記事を書きました。

簡単に覚えられるあいづち表現なら、次の記事もオススメです。

Me tooをヘビロテしてない?まだあるネイティブ英語表現15連発

次に読む記事

案外言えない!いってらっしゃいといってきますの挨拶英語

日常会話

案外言えない!いってらっしゃいといってきますの挨拶英語

旅行会話

もう安心!海外旅行のホテル予約、英語例文25とメールの例文

ビジネス会話

英語で自己紹介、ビジネスで第一印象を倍増させる例文満載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です